ビットコインで決済してもいいですか?

「先生,次の決済はビットコインでやろうと思いますけど,いいですか?」

司法書士の事務所に,このような問い合わせがくる日は,そんなに遠くないと思っております。

売買代金の決済

私ども司法書士が,不動産の売買に関与するときは,代金決済に立ち会い,本人確認や登記に必要な書類の点検をするとともに,買主が支払った代金が無事に売主に着金したところまで見届けたうえで,登記申請をします。不動産の売買契約における終局的な場面で,売主と買主の双方が安心して円滑に義務を履行していただけるように,もっとも重要な役割を担っております。

この代金決済を滞りなく進行するために,司法書士は,仲介業者や金融機関と前もって入念に打ち合わせをして,当事者の方に忘れ物がないようにしていただくとともに,必要な書類を作成する等の準備をします。

この過程で,代金の決済方法についても確認します。通常は,現金決済ですが,ときどき預金小切手で支払うことを希望される買主がおられます。売主買主の双方が合意をしているのであれば,私どもが必要以上に口を挟むところではありませんが,売主側で売買代金から借入金の返済をする場合には,預金小切手では差し支えることがありますので,適宜注意喚起が必要です。

仮想通貨を用いた代金決済

仮想通貨といえば,乱高下する相場ばかりが注目され,単なる投機的な金融商品であるとの訝しい視線が向けられてしまっていることに,残念な感が否めません。一部の取引所のセキュリティが脆弱なところがあり,問題がないわけではありませんが,仮想通貨の土台であるブロックチェーンの仕組みは,頑丈で非常に信頼性が高いものであります。過渡期というのはそういうもので,わが国に通貨や為替が誕生したときも,同じように怪しさがあり,いつの間にかその利便性に気づき,みんなが使うようになったものです。

不動産の売買における代金決済にも,仮想通貨が利用されることが徐々に多くなってくるのではないかと考えております。当事者が外国人である例を考えますと,現金では為替の影響があるほか,海外に多額の送金をすることに対して国内の審査や手続があり,多分な時間を要することがあります。国内であっても,仮想通貨を利用することで,決済のときに金融機関を介在させる必要がないため,煩雑な書類の手続を省くことができ,営業時間の制約もなく決済が可能となります。

ビットコインの勉強会に参加してまいりました

はっきり申し上げまして,金融商品としてのビットコインには一切興味がありません。そのため,ビットコイン投資のようなことはしませんし,投資勧誘もいたしません。純粋に学問的興味から関心をもっていたところ,とある交流会にてビットコインの勉強会に誘われましたため,行ってまいりました。

率直な感想ですが,決して怪しいものではありません。ブロックチェーンにより強固なセキュリティと安定性が実現でき,金融機関やクレジット会社のシステムよりはよほど安全であります。決済手段としては,送金から着金まで,約10分で完了しますので,十分な速度です。

いたるところで,マイニングという言葉が出てきます。ビットコインを掘る作業でもあり,決済の承認をする手続でもあり,ビットコインにとって非常に重要な用語であることは間違いないのですが,わかりにくいので,もう少し深く理解をしなければなりません。概念として,採掘することも承認することも同じ意味合いとしているようですが,もはや哲学的です。

新しい技術にはできるだけ早く対応できるようにして,他の司法書士と差別化をしていくことが,私なりに生き残る方法ではないかと考えております。生涯司法書士とは,威勢や気合だけでは実現できませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください