仕事の取れる司法書士になるには

司法書士事務所を開業するに際して,何か地盤があるわけでもなく,暖簾分けがあったわけでもありません。多くの司法書士にとっては普通のことであって,特別に自分に有利でも不利でもないと考えますが,しからば営業をしなければ,早晩食い扶持に困ってしまうのは明白であります。

開業前後から,さまざまな異業種交流会や名刺交換会に参加しております。正直,あまり好きなところではありませんが,街中で飛び込み営業をするよりは,一同に集まったところで仕事の話ができるのは効率が良いのではないかと考えた結果です。

私が営業のご挨拶に伺うときは,「何かあればお願いします」という決まり文句は絶対に言いません。そのような「何か」など,いつまで待っていても訪れはしないからです。相手からの返答で,このように言われてしまった場合には,もうこの人から仕事の依頼が来ることはないと割り切って,次へ向かいます。

私は,「○○のことで困っている人がいたら,野田を呼び出してくれ」,「○○の件で相談を受けたら,野田に連絡するように言ってくれ」と具体的に相手に伝えます。司法書士が何をする人なのか,世の中に正確に認知されていない以上,こちらからお客様像を相手に伝えておかなければ,紹介をしていただけるはずがありません。いまのところ,この方法は,少なからず成功しております。

自分が逆に立場に置かれたときのことを考えてみます。自分がされて嫌なことは,絶対に人にはしてはならないと幼少の頃から躾をされております。

名刺交換をして,一方的に彼の仕事についてまくし立てられるも,今ひとつ,何をしている方なのかがよくわからず,また,どのような方を紹介すればいいのかもわからないことがあります。それどころか,もっと詳しい話を聞こうとすれば,彼の主催するセミナーに勧誘されます。そのような方とは決して仕事上のお付き合いが始まることはありません。会社名や事業内容を一見してわからないような企業は,それだけで一歩出遅れているような気がします。

わずか1分で,自分に紹介してほしいお客様像を相手に伝えることができればと考えております。

まだ上手にできないので,工夫が必要です。大切なことは,取捨選択であります。司法書士の仕事は,言い出せば広範囲にわたり,しかも一般にはほとんど馴染みがありません。せっかくの機会と欲張って,あれもこれもと伝えた結果,よくわからない何でも屋と認知されてしまえば,冒頭申し上げた「何かあればお願いします」と返答されておしまいです。

ゆえに,挨拶をした相手に合わせて,絞り込んで自分の欲しいお客様を理解してもらわなければ話にならないわけです。詳しくお話するのは,実際のご依頼者であって,紹介者にはなんとなくこの問題は司法書士かなと感づいて,ノールックパスを決めてもらえれば十分なのです。

偉そうに語れるほど実績がありませんが,このようなことを考えて,日々仕事をしております。

「ご近所で,身寄りのない方やお独りで生活されている高齢者を見かけたら,司法書士を紹介してください」

「親が遺した不動産のことで,相続や処分に困っている方がいれば,司法書士を紹介してください」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください