相続登記はお済みでしょうか

毎年2月は「相続登記はお済みですか月間」と題して,愛知県司法書士会で相続の相談会や市民講座を開催して,この大切さを広める活動をしております。

相続の登記が何年にもわたって放置されており,土地の所有者がわからなくなっている問題点については,先日書きました。早めに取りかかりましょうと呼びかけております。

相続は,ほとんどの人には一生に何回かあるだけのことです。しかし,人が亡くなれば,必ず発生するものです。

相続には,さまざまなルールがあり,集める書類も多様で,なんとなく億劫になるのもわかります。また,家族にはそれぞれの複雑な事情もあって,ルールどおりに形式的に進めにくいこともあります。

親戚や,近所の人から聞こえてきた話をもとに,相続に対するイメージをつくっている方もいるかもしれません。

どなたもまずは,専門家に相談をしてみましょう。書籍やインターネットで調べればわかることも多いです。これは私ども司法書士も,一般の方も同じであります。

しかし,専門家には,実務経験が備わっています。目の前で困っている方に向けて,過去の実例と最新の知識でもって,最適な方法を提案することができます。これは,書籍やインターネットで自分の事例に当てはまる情報を探し出してきて,強引に納得のいく解釈をしてあてはめる方法とは真逆のアプローチです。これこそ,専門家に相談をする意味なのです。

よくわからないから,とりあえず後回しにするのは,やめましょう。相続は,後に回すほど,時間も費用も余分にかかります。

相談に来られた方がよく言います。「こんなことなら,もっと早く司法書士の先生のところへ来ればよかった」

全部まるっとお見通しです。あなたの土地や家の相続登記はお済みでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください