後回しにしない相続の話

本日,津島市文化会館にて開催されました,愛知県司法書士会と名古屋法務局津島支局との共催による市民講座におきまして,「よくわかる相続・遺言・成年後見」というお題で講演をしてまいりました。

寒い日ではありましたが,15名ほどのご参加をいただきました。まずは御礼申し上げます。

90分しかなかったため,抜粋した内容となってしまいましたが,みなさんがとても熱心に聞いておられましたので,笑いをとる暇がありませんでした。これは次回の課題です。

自分の講義のスタイルは,まず,立ったままお話をします。配布するテキストや資料は手厚く準備しますが,講演ではあまりこれを使いません。場の雰囲気と聴衆の反応を見て,ゆっくり説明するところと流すところを決めるので,台本もありません。自由に好きなことを話すのが楽しいですね。

講師の中には,テキストを配布して,1ページから朗読される方がありますが,これは眠いだけですので,勘弁ですね。

椅子に座ったまま,手元に目を落として聴衆を見ないで進めるのも,つまらない印象です。これでは講義に活気がありませんし,しっかり伝わっているのか,どうやって判断されているのか不思議でなりません。

とにかく,相続が発生したら,後回しにしないで,すぐに手続きに取りかかりましょう。また,相続が始まってからさまざまなことを準備するのは忙しいので,前もって準備しておきましょう。

相続の話をすると,この二点に尽きるのです。

午後からの講演にして,寝てる人がひとりもいませんでした。今回の出来栄えの方は,まずまずというところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください