開業して5か月が経ちました

もともと予想はしておりましたが,たいへんに厳しい一か月でした。

2月の前半には,売上ゼロを覚悟しておりましたが,20日頃から突然に相談やご依頼が続いて,少し立て直しましたものの,結果としては惨敗です。

翌月に持ち越しが多いため,3月は随分と期待ができる状況です。

今月は,時間のほとんどを相続人調査の公共事業に費やしており,明るい時間は,引きこもっておりました。一方で,環境を変えるべく,お世話になる団体も決めまして,そちらでも少しずつ仕事の幅を広げていこうと考えております。

人前で話をする機会も数回あったほか,ホームページの効果も少しづつ表れてきた感触がありました。

業界関係者と話をしていても,しょっぱい話が多く,このままではよくありません。下請けとして登記だけやってればいいや。という感覚では,もたないでしょうね。

司法書士とは一見無縁そうな他の業界の方と一緒に仕事をすることで,新しい仕事をすることもできると思います。誰もやっていない仕事をすれば,価格競争に巻き込まれることもありませんので。なによりもクリエイティブな仕事のほうが単純に楽しいでしょう。

それにしても,もう少し,種まきに時間がかかりそうです。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
遺言書、家族信託、成年後見制度などを活用した相続対策、認知症対策を専門とする司法書士です。相続登記や遺産承継業務のような死亡後の相続の事務手続だけではなく、生前での相続や事業承継への対応に、適切な助言をいたします。