預貯金が凍結されてしまった

「主人が亡くなったので,銀行に手続きに行ったところ,たくさんの書類が必要であることがわかったうえに,預金がおろせなくなってしまいました」

相続が開始しますと,銀行の預金口座が凍結されてしまい,お金がおろせなくなってしまうことがあります。

生活費を,夫婦の一方の預金通帳ですべて管理されている場合には,当面の生活にも困ってしまうことが考えられます。

銀行にバレないように先に引き出してしまう

絶対にやめましょう。

預金が凍結されることを避けるために,亡くなる直前直後に,キャッシュカードを使って引き出してしまうことが,しばしばあるようです。

これは,親族間のもめごとの原因になりますし,横領となることがあります。

また,大きな借金があることがわかった場合に,預貯金に手を付けてしまっていたために,相続放棄ができなくなってしまいます。

預貯金は,遺産分割協議を済ませないとおろせません

もともとは,預貯金は,相続が始まっても,相続人らに,当然に分割されて,遺産分割の対象とはならないとされていました。しかし,平成28年12月19日に,最高裁判所にて,従来の考え方が変更されました。

最大決平成28年12月19日

共同相続された普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権は,いずれも,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく,遺産分割の対象となるものと解するのが相当である。

最高裁平成15年(受)第670号同16年4月20日第三小法廷判決・裁判集民事214号13頁その他上記見解と異なる当裁判所の判例は,いずれも変更すべきである。

相続人全員での話し合いが決着しないことには,預金が引き出せません。話し合いが長引くような場合には,生活費のほか,相続税などの納税資金にも困ってしまいます。

改正相続法で一部救済されます

2019年7月1日に施行されます改正相続法では,これに関して,一部救済手段が用意されています。

民法
(遺産の分割前における預貯金債権の行使)
第909条の2 各共同相続人は,遺産に属する預貯金債権のうち相続開始の時の債権額の3分の1に第900条及び第901条の規定により算定した当該共同相続人の相続分を乗じた額(標準的な当面の必要生計費,平均的な葬式の費用の額その他の事情を勘案して預貯金債権の債務者ごとに法務省令で定める額を限度とする。)については,単独でその権利を行使することができる。この場合において,当該権利の行使をした預貯金債権については,当該共同相続人が遺産の一部の分割によりこれを取得したものとみなす。

預貯金のうち,法定相続分の3分の1に相当する金額または150万円のいずれか小さい金額を上限する金額であれば,遺産分割協議をする前に,引き出しをすることができます。

この事例の場合は,配偶者Aは,預貯金の6分の1である100万円までであれば,遺産分割の話し合いが決着する前に引き出しをすることができます。

使えるお金を手許に残せる相続対策を

相続が開始して,相続人全員で遺産分割の話し合いが解決するまで,預貯金は凍結されてしまいます。

その間の生活費や,納税資金のほか,遺留分減殺請求があったときの準備のためにも,ある程度はお金を手許で動かせるようにしておかなければなりません。

特に,遺産相続でもめごとが起こってしまった場合には,資金繰りに困っている相続人に対して,早期解決と引き換えに,厳しい条件で臨んでくる相続人がいないとも限りません。

これらに対して,私ども司法書士野田啓紀事務所では,有効な方法をいくつかご提案することができます。相続対策は,早めに取りかかることが重要です。ぜひ,お早めにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください