新しい元号が発表されました

午前11時30分の発表を控え,テレビの前に座って待ち構えておりました。

令和

聞き慣れないものですが,美しい響きですね。私の予想にはないものでした。

ここまで,もう元号をやめてもいいのではないかと思っておりましたが,いざ発表され,お祭り騒ぎになりますと,これは日本の文化として残しておいてもいいのではないかという気にもなってまいりました。

このような機会に立ち会えることも,なかなかありません。新しい時代をおめでたい気分で迎えたいものであります。

平成の年号で登記ができるのも後一か月です。お急ぎください。

令和の年号で会社を設立されたい方は,今から取り組めば間に合います。

投稿者プロフィール

司法書士野田啓紀
司法書士野田啓紀
遺言書、家族信託、成年後見制度などを活用した相続対策、認知症対策を専門とする司法書士です。相続登記や遺産承継業務のような死亡後の相続の事務手続だけではなく、生前での相続や事業承継への対応に、適切な助言をいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください