異業種交流会の使い方(2)

異業種交流会を自らのビジネスの拡大に利用することは,有意義なことであると考えます。

司法書士のような士業の先生方は,とりあえず開業してもお客さんは来ません。とはいえ,誰もが思いつくようなところに営業に行っても,追い返されるか,利益の出ないような仕事しか回ってきません。

司法書士であれば,とりあえず銀行や不動産屋さんを回ってみることでしょう。

税理士の方は,銀行が多いのでしょうか。社労士の方は,税理士事務所を回るそうですね。

そういったところには,既に古くから付き合いのある先生方がいるので,滅多なことでは仕事の依頼は来ませんし,なによりも営業していてつまらないですよ。

目先を変える意味でも,異業種交流会に行く意味があると思います。そこでは,普段では絶対に会えないような経営者の方と直接にビジネスの話ができたり,プレゼンをしたりする機会が設けられています。

なにかあったらお願いします

NGワードの最高峰ですね。

そんな「なにか」は一生待っていても来ません。

伝えるべきは,自分が何をしている人なのか。そして,どのようなお客さんを紹介してほしいのか。この2点を短くわかりやすく伝えることです。

いきなり自社の商品の売り込みを始める方もいますが,あれは論外です。ニーズも把握していない段階で,商談などありえません。

費用はかかって当たり前

成功している方ほど,自分に時間とお金を投資しています。

私も見習って,稼いだお金は惜しまずに,交流会やイベントやセミナーの参加費用に充当して,自分の武器を増やして,磨いております。

会員制の異業種交流会へ参加するには,毎月1~5万円程度の会費が必要となります。これを高いか安いかは人それぞれの価値観にもよりますが,従業員を雇用することや,広告宣伝費と比較すれば,断然お値打ちな価格であります。

5センチ程度の広告枠でも,一回あたり6~10万円くらいはかかります。これでいったい何件の問い合わせがあることでしょう。

このようなところへ費用をかけるくらいなら,会費を払って積極的に参加するほうが,よほどリターンは大きいものです。

特に,費用をかけてまで参加するような,成長意欲の高い人たちと一緒に行動することは,必ず自分にとっても良い方向にはたらきます。

単なる飲み会に5000円は出したくありませんが,価値ある人たちと交流できるならば,惜しくはありません。

身内同士でつるまない

士業の悪いところは,士業ばかりでつるむところです。

仲良くすることが悪いわけではなく,専門的な質問は,同業者同士で解決しなければならないことも多くあります。

一方で,新しい仕事に目を向ける機会は,常に大切にしなければなりません。経営者なのですから。

特に,これからの時代は,AIなどを活用した技術と向き合わなければなりません。今までのような士業の独特の職人技は,必要なくなるものであり,士業の看板だけで未来永劫,豊かな生活をすることは困難であろうと予想します。

されど,士業のバッジに対する信頼感は,まだまだ活かせるものと思います。

異業種の方と協業して,新しい仕事を生み出すことで,活躍の場は広がるばかりか,そこに士業の信頼をベースにすることで,鬼に金棒というわけであります。

私なりにさまざまな業種の方と話をしていたところで,ひとつの法則に辿り着きました。そこで次回は,誰と組めばいいのか,ということについて,少し深めてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください