相続放棄をしたつもりにご注意

身内に相続が発生した場合,この遺産を分けるためには,相続人全員で,遺産分割協議を行います。

このとき,相続人の中には,遺産を受け取ることを辞退される方もあります。遺産の受け取りを辞退することは,自由にできますが,これを遺産分割協議書という書面にまとめなければなりませんので,手続きにはご協力をいただくこととなります。

特に,遺産の受け取りを辞退することと,相続放棄は,見た目の結果としては同じでも,法的には意味が異なることに注意が必要です。

例えば,父が亡くなり,住宅ローンや家業での借金があった場合を考えます。

父の遺産を,借金も含めて,長女がすべて相続する旨の遺産分割協議が成立したときに,他の相続人は,これでは済まされないことがあります。

遺産分割協議は,相続人全員での話し合いによるもので,債権者をはじめとして,部外者は参加しないことが一般的です。つまり,身内の話し合いだけでローンや借金の行方が決められてしまっては,債権者にとっては困ってしまいます。

そこで,債権者は,各相続人に対して,借金を支払うように,法定相続分の割合で請求できることとなっています。遺産を辞退したはずなのに,借金を返す義務だけを背負ってしまうことになってしまいます。

では,このような場合には,どのような対策が考えられるのでしょう。

債権者の同意

まずは,相続人の話し合いで,誰が借金を引き継ぐのかについて,債権者に同意を得ることです。債権者としては,誰かが全額返済してくれれば,事足りるもので,相続によって債務者が分散してしまうほうが,管理上面倒なのです。

とはいえ,借金を引き継いだ方に,返済能力があるのかないのか,審査することもあり,同意を得て,書面を取り交わし,これによって,遺産を辞退した相続人は借金の返済義務からも免れることになるわけです。

相続放棄

家庭裁判所で,相続放棄の手続をすることも考えられます。

相続放棄をすれば,はじめから相続人ではなかったものと取り扱われますから,話し合いに参加することもなく,債権者に追い回されることもありません。

ただし,遺産を受け取る権利を一切失うことになりますので,借金以外の遺産がある場合には,慎重に検討してください。

なお,相続放棄は,相続が開始してから3か月以内に,家庭裁判所で手続をしなければなりません。

頭の中で思い込んだり,身内同士で口約束を交わしただけでは,相続放棄をしたことにはならないことに注意が必要です。

押印する前に,よく読んで,しっかりと対策を

相続の相談の中には,司法書士や税理士から相続人に対して書類が回されてきて,よくわからないままに印鑑を押したところ,実はこれが遺産分割協議書であって,遺産がもらえなかったという話を聞くことがあります。

このように,遺産はもらえなかったのに,借金だけ引き継いでしまう危険もありますので,相続の手続は,面倒でも,他人任せにはせず,説明を聞いていただくことや,専門家に相談をされることをおすすめします。

また,相続の手続は,死後にすると手間がかかりますが,生前に遺言書や生前贈与等の対策をしておくことで,随分と負担が軽くなることがあります。

相続対策に強い,司法書士野田啓紀事務所へご相談から始めてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください