裁判所の方から手紙が届いたときは

架空請求のはがきや封書が届いても,絶対に連絡をしないでください。

とは言っても,本物を見たことがない方にとっては,正直なところ気をつけようがないと思います。

まず,裁判所からの文書は,はがきで送られてくることはありません。

地紋のある用紙に印刷がされていて,それなりの雰囲気を出してきても,無視してください。

民事訴訟最終通達書という名前の書類は,全部詐欺です。

裁判所から来る重要なお知らせは,特別送達や書留郵便で届きます。普通郵便で届いたときは,疑ってください。

裁判所に訴状が出されたことを,民間の団体等が,通知を代行することはありません。

これは,古典的な技ですね。

携帯電話のショートメールで,料金未納などの督促がされるものです。アダルトサイトなどを見たり等,本当に何かしらの心当たりがあったとしても,電話をかけないでください。

むしろ,その後ろめたさが,彼らの狙い目であるからです。

手を変え品を変え,工夫をしてくるものです。

本日,新しい架空請求の書類を見ました。「地方裁判所 民事訴訟部」と書かれた白い封筒に入っています。

一見しますと,本物のように見えますが,これも普通郵便で届けられたものとのことです。詐欺です。

よくできていますね。

詐欺かな,あやしいのだけど,よくわからない書類が届いたときは,身近に相談ができる方がいればいいのですが,いない場合はどうしましょう。

写真を撮って,Twitterなどにアップしてみてください。

Twitter大好きな弁護士の先生たちが,あっという間に解決してくれます。

ご不安であれば,私のLine@に,写真を送ってください。診断しますから。

相談の予約も,随時,受付しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください