遺言書をなかったことにしたい

一度書いた遺言書を、事情が変わって、なかったことにしたい、と言われる方がいます。

遺言書をなかったことにすることは、可能です。これを遺言の撤回と言います。

遺言を撤回するにも一定のきまりがありますので、間違いのないようにしたいものです。

遺言書をなかったことするには、遺言の形式で行うこととなっています。

つまり、「何月何日付で書いた遺言書をすべて撤回する」と、もう一度遺言書をつくるのです。

大切なポイントとして、なかったことにするのは、「全部」なのか「一部」なのかです。

全部撤回するのは簡単ですが、一部をなかったことにする場合には、どの部分をなかったことにするのかを誰が見てもわかるようにしておかなければなりません。

また、遺言書が、自筆証書遺言であるのか公正証書遺言であるのかによって、少し手続きが異なりますので、分けて見ていきましょう。

自筆証書遺言

自筆で書いた遺言書では、書き直して、前の遺言書を撤回することもできますが、簡単なのは、その遺言書を破り捨てることです。

破って、シュレッダーにかけたり、焼却・溶解してしまえば、なかったことにできます。

公正証書遺言

公正証書遺言を撤回するには、書き直して、前の遺言書を撤回することとなります。

破り捨てたとしても、原本が公証役場に保管されているため、それだけでは撤回したことにはなりません。

はじめにつくったときと同じように、もう一度公証役場へ出向いて、遺言書を撤回する内容の遺言書をつくり直します。

なかったことにするのは簡単ですが

遺言書をつくることにしたきっかけを思い出してください。

円満な相続を進めるためにすることもあれば、家業を確実に承継させるためにすることもあります。

遺言書をなかったことにすれば、相続や事業承継に関して、当初からの計画をすべて白紙撤回することになります。相応のリスクを覚悟しなければなりません。

もちろん、ご家庭の事情が変わったり、遺産をあげる予定の方から虐待を受けたり等、撤回してもやむを得ないこともあります。

しかし、特に理由もなく、なんとなくの不安感から、遺言書をなかったことにしたいと言われ、また、そのような行為に及んでしまうのは、認知症発症のシグナルとも言われています。

遺言書をなかったことにしたいと心配になった方は、お早めに司法書士や弁護士等の専門家にご相談いただくことをおすすめしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください