書画、骨董品を売却したときの税金

お客様から、終活として、生前に身の回りの不用品を整理されたいとの相談がありました。

家財道具や衣服のほか、価値のありそうな書画や陶器、銀製品などがあります。

これらの生前整理に伴い、売却して得た利益には、税金がかかります。

一方で、どのような財産には税金がかからないのかについては、所得税法に定められています。

生活に通常必要な動産

生活用の動産を売却しても、税金はかかりません。

自己またはその配偶者その他の親族が生活のために使用する家具、什器、衣服、通勤用の自動車などがこれにあたります。

また、1個または1組で30万円以内の物であれば、次のものにも税金はかかりません。

  • 貴石、半貴石、貴金属、真珠及びこれらの製品、べっ甲製品、さんご製品、こはく製品、象牙製品並びに七宝製品
  • 書画、骨董及び美術工芸品

生活に通常必要でない資産

所得税法施行令第178条によれば、次のような財産を譲渡したときには税金がかかります。

  • 競走馬その他射こう的行為の手段となる動産
  • 通常自己及び自己と生計を一にする親族が居住の用に供しない家屋で主として趣味、娯楽又は保養の用に供する目的で所有するものその他主として趣味、娯楽、保養又は鑑賞の目的で所有する不動産
  • 上記の動産であっても、30万円を超える貴金属等、書画、骨董及び美術工芸品

生前整理のご相談を承ります

生前に身の回りを片付けるにも、安心できる業者に任せたいものです。

また、売却したあとで、税金の申告をしなければならない場合もあります。

司法書士野田啓紀事務所では、信頼できる生前整理の専門家や税理士とも連携し、お客様の終活のお手伝いをさせていただいております。

チラシが入っていたので、とりあえず業者に頼んだら、二束三文で買い取られてしまいました。

査定を頼んだだけなのに、家に居座られてしまって強引に買取をされてしまいました。

骨董品や掛け軸を生前贈与したり、売却したりすれば、どのくらいの税金がかかるのでしょうか。

このようなご心配がありましたら、お早めにご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください