書籍

ぼく、街金やってます

発売日前から楽しみにしていた本でした。

ツイッターで、おもしろい街金の方がいて、エピソードが書籍化されると聞きまして。ノンフィクションです。

すぐに読み終えました。街金のお話です。決して闇金ではありません。

街金でお金を借りる人たちですから、普通ではありません。銀行でもノンバンクでも、もはや借りられない人たちの最後の手段ですから。

他人の不動産を担保にする男、未熟な地面師、6000万円を肩代わりする鬼嫁と、目次を見るだけでもお腹いっぱいになりそうです。

街金を利用するのは、必ずしも悪いことではないと思います。

利息制限法上限いっぱいで貸付をされておりますから、その負担は大きいですが、資金調達の考え方次第なので、すぐに返済できる見通しがあって、融資を受けるまでに時間をかけていられないような場面では、有効な手段になりえます。

本を読んでみて、著者のテツクルさんは、金融の知識のみならず、不動産の査定や債務者の審査など、熟練の技があります。不動産担保についても、並々ならぬ知識をお持ちでいらっしゃいます。

先順位の抵当権がいる中で、物件の査定をして、どこまで貸付ができるのかを計算されるのですから、そこらの銀行員よりも融資の実務や知識は卓越されています。

それに対して、いまどきの銀行員は、住宅ローンの審査をするにも、図面が読めない方や、現場を見に行かない方までいるくらいですから。

債務者との日常のやり取りを通じて、環境の変化を早めに察知するなど、貸し倒れゼロを保っている秘訣は、このようなところにあるのでしょう。

私ども司法書士も、街金の方の担保がついている物件の売買に関わることがあります。

不動産の決済の依頼があり、登記簿を見ると、根抵当権者が個人名となっていまして、おそらく街金の方だろうなと思い、多少緊張して債権者に連絡をしますが、意外とやさしくて、すぐに日程調整をして会っていただけました。

担保の抹消に関する打ち合わせの際も、すぐに書類を準備してくれますし、けっこう雑談もしてくださいます。なによりも、担保の手続きについては、熟達されているので、話が早いのです。

この点、いまどきの銀行員は、抵当権の抹消の手続をするにも、登記簿が読めない方もいるほか、必要な書類や準備に関してもほとんど無知で、連絡を取ろうにもなかなか電話が繋がりませんし、愛想もありません。

この本が出版されるきっかけは、ツイッターであったそうです。発売前後も、ツイッターで次々と拡散されて、まさに今どきのマーケティングです。書籍の売れ行きの勝負は、発売日までについています。

字が大きくて、文字が少なくて、とにかく読みやすいので、すぐに読めます。最近読んだ本の中では、素直におもしろいと感じました。夏休みの課題図書に、いかがでしょう。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
名古屋で相続、認知症対策専門の司法書士事務所を経営しています。人生100年時代を豊かに過ごせるように、老いの不安を解消し、想いに寄り添うコンサルティングに強みがあります。 遺言書、民事信託、成年後見制度などを組み合わせた相続、認知症対策のご提案をいたします。 当事務所では、相続登記や預貯金の解約のような死後の事務手続だけではなく、生前の相続、認知症、事業承継への対応に、適切な助言をいたしております。