事業承継・M&A

会社や法人には、寿命がなく、利益さえ出し続けていれば、永久に存在することができます。しかしながら、経営の舵取りをする人間は、いつかお迎えがきてしまいます。

失敗しない事業承継 名古屋商工会議所で開催されました事業承継対策セミナーに参加してまいりました。内容は、次のとおりの二部構成でした。 「先んずれば次...

なにも対策をしないまま、ある日突然に社長が脱落してしまいますと、従業員が路頭に迷ってしまうほか、取引先や金融機関にも迷惑がかかってしまいます。また、会社の貴重な技術や設備、許認可を維持・管理することが難しくなり、経営に著しい損害が生じることがあります。

さらには、会社の後継者を巡って親族間の紛争に発展することもあれば、逆に誰も関心を示さずに放置されてしまうことも考えられます。

会社の後継ぎを準備するには、時間がかかりますし、認知症等で意思能力が不十分になってからでは取り組むことができません。また、法律や税務の問題が複雑で、社長が日頃の仕事をしながら、ひとりで解決することは困難と考えます。

当事務所では、法務・税務・労務・財務の専門家とチームをつくり、経営者のご意向を大切にした事業承継スキームをご提案いたします。

会社の後継ぎは決まっていますか? 私が勤務していた司法書士事務所では、会社の設立よりも解散・清算のご依頼の方を多く経験しました。会社をたたむのに事情はさまざまですが、経...
株主名簿を整備していますか 株主名簿は、会社の株主が誰であって、何株保有しているのかを記録した書類です。 会社法で、これを本店に備え置くことが義務付けられて...