少額訴訟とは,60万円以下の金銭の支払いを求める場合に限って利用できる,簡易裁判所における特別の訴訟手続で,少ない時間と費用で紛争を解決することを目的として設けられた制度です。

少額訴訟の特徴

  • 1回の期日で審理を終えて,即日,判決が出る
  • 証拠は,最初の期日で,即時に調べられるものに制限される
  • 被告は,最初の期日で自分の言い分を主張するまでの間,通常の訴訟手続で審理するよう,裁判所に求めることができる
  • 少額訴訟の判決は,分割払い,支払猶予,遅延損害金の支払い免除などを命ずることができる
  • 控訴することができない
  • 判決に不服があるときは,簡易裁判所に異議申立てをする
  • 利用回数は,ひとりが同じ裁判所に年間10回までに制限されている

少額訴訟の訴状が届いたときは

原告の主張に対して,何も反論することなく,裁判の期日に欠席したときは,原告の言い分を認めたものとみなされ,裁判所は,原告の言い分どおりの判決をすることができます。

裁判所から書類が送達されたときは,お早めに弁護士や司法書士等の専門家にご相談いただくことをおすすめします。

少額訴訟手続の費用

実費として申立手数料や郵便切手代,旅費交通費がかかるほか,裁判所への出頭日当として1回あたり1万円をご請求します。

お気軽にお問い合わせください。052-990-2753電話受付8時30分から19時まで[ 日・祝日除く]

メールで問い合わせをする