1.相続対策・認知症対策に強い司法書士事務所です。

人生100年時代といわれております。お客様に寄り添い、最後まで安心して、豊かな暮らしを送っていただくお手伝いをします。

相続のときに、身内が争うようなことは避けなければなりませんし、相続税の納税の準備も必要です。また、認知症発症時における財産の凍結を回避するためには、事前の対策が必要です。「うちは大丈夫」と言って、何もしないことがもっとも危険なことです。

司法書士野田啓紀事務所では、相続対策・認知症対策に力を入れており、弁護士・税理士・ファイナンシャルプランナー・お寺・僧侶・不動産業者など、相続の問題に強い専門家と連携して、お客様のライフプランにあわせた最適なご提案をしております。

2.代表がすべてのご依頼に責任をもって対応します。

大手の司法書士法人や老舗の司法書士事務所では、若手の司法書士や事務員などのスタッフに任せきりで、代表者の顔が見えないような対応をされているところがあります。

貴重なご依頼にもかかわらず、頼りないスタッフが出てくるばかりで、代表者になかなか対応してもらえないようでは、お客様もがっかりされてしまうことと思います。

当事務所では、代表である司法書士の野田啓紀が、すべてのご依頼に責任をもって対応いたします。

3.迅速丁寧にご依頼にお応えします。

司法書士の業界では、執務のIT化がほとんど進んでおらず、旧態依然とした仕事のやり方が主流であるところ、当事務所では、ウェブサイト、メール、LINE、Zoomなどを積極的に活用し、効率の良い執務を心がけております。

そのため、お問い合わせにも速やかに回答するほか、お客様のご希望にできるかぎり配慮して、ご依頼いただいた手続を迅速丁寧に進めることができます。

4.倫理を大切にし、清潔な対応を心がけております。

法律の専門家が倫理を捨ててしまえば、もはやただの事件屋であります。

当事務所では、各種法令や司法書士倫理を大切にして、お客様の利益を最大限に実現するように努めております。そのため、事前に手続の内容や費用についても十分に説明し、ご理解いただいたうえで着手します。

また、会則等に基づき、お客様には本人確認・意思確認が必要となります。やや堅苦しいものを感じられるかもしれませんが、ご理解ご協力をいただきたく存じます。

お気軽にお問い合わせください。052-990-2753電話受付8時30分から19時まで[ 日・祝日除く]

メールで問い合わせをする

投稿者プロフィール

司法書士野田啓紀
司法書士野田啓紀
遺言書、家族信託、成年後見制度などを活用した相続対策、認知症対策を専門とする司法書士です。相続登記や遺産承継業務のような死亡後の相続の事務手続だけではなく、生前での相続や事業承継への対応に、適切な助言をいたします。