貸したお金を返すように請求する,賃貸アパートの滞納家賃を回収し,立ち退きをさせる,請負代金を回収する等の自分の権利を実現するためには,訴訟の手続が必要となります。

また,借金の整理や自己破産,離婚の手続など,裁判手続にかかる費用をご案内します。

訴訟(訴額140万円以下の簡易裁判所に関する事件)

売掛金を回収する,土地や建物の明け渡しを求める,修理代金を請求する,未払いの残業代を請求する等の訴訟手続にかかる費用です。

着手金は,5万円を下限とします。これは,事件に着手するときに請求し,結果の如何にかかわらず,ご返却はいたしません。

上記のほか,申立手数料,郵便切手,日当等が必要となりますが,詳細については事件ごとにお見積りをいたします。

支払督促

金銭,有価証券,その他の代替物の給付に係る請求に限定されますが,裁判所での書類審査のみで,相手方に支払督促を発する手続であり,裁判よりも簡易迅速な手続で債務名義を取得することができます。

着手金は,事件に着手するときに請求し,結果の如何にかかわらず,ご返却はいたしません。

上記のほか,申立手数料,郵便切手等が必要となりますが,詳細については事件ごとにお見積りをいたします。

債務整理・自己破産

経済的に苦しく,借金やローンの返済が困難になった場合に,債権者と交渉し,協力を得ながら生活再建をする手続です。ご依頼者様の債務の残高や収入等により,いくつかの方法から選択いただくこととなります。

任意整理

自己破産

個人再生

再生委員が就任するときは,再生委員報酬として15~20万円を裁判所に納めることとなります。

時効の援用

お気軽にお問い合わせください。052-990-2753電話受付8時30分から19時まで[ 日・祝日除く]

メールで問い合わせをする