債務整理の費用

クレジット、住宅ローン、奨学金、事業資金の借入れなど、経済的な状況が改善せず、返済が困難になったときは、債務整理や自己破産をすることも検討しましょう。

債務整理・自己破産

経済的に苦しく、借金やローンの返済が困難になった場合に、債権者と交渉し、協力を得ながら生活再建をする手続です。

ご依頼者様の債務の残高や収入等により、いくつかの方法から選択いただくこととなります。

任意整理

自己破産

個人再生

再生委員が就任するときは、再生委員報酬として15~20万円を裁判所に納めることとなります。

時効の援用