事務所からのご連絡

司法書士に相談するときの持ち物

司法書士の事務所に相談をするときに、とても緊張なさる方もおられます。

変な質問をしたら恥ずかしい。とりあえず、ネットで調べて、整理してから・・

近所の知人に聞いたら、いろいろと教えてもらえたから、ある程度はわかったつもり・・

司法書士

情報の取捨選択は、専門家でも難しいことです。まずは、必要な持ち物をそろえて、早めに相談の予約をしましょう。

ネットで調べた情報は、一般に通じる事例なのか、特殊な事例なのか、しっかりと確認をしなければなりません。

つまり、いま、お困りのあなたにぴったりと当てはまる情報なのかは、相談をして、裏を取らなければ、判断ができないことです。

知り合いや身内の方から伝え聞いた話も、同じことが言えます。

法律や社会のルールは、日々、変わっています。聞いた話が、古い情報だったかもしれません。正確に、伝言をされていないかもしれません。

また、自分の都合の良い情報だけをつまみ食いしてしまうことがあり、誤った判断をしてしまうことがあります。

相続手続の相談

次の書類などを、ご準備ください。

  • 亡くなった方の戸籍謄本
  • 亡くなった方の家族の関係図
  • 不動産の固定資産税課税明細書
  • 預貯金、証券、生命保険など財産一覧表
  • 認印

固定資産税課税明細書は、毎年4月に、固定資産税の納税通知が自治体からされますが、その中に同封されている明細書のことです。

家族の関係図や、財産一覧表は、手書きのメモでかまいません。

遺言の相談

次の書類などを、ご準備ください。

  • 遺言書を作成される方の戸籍謄本
  • 遺言書を作成される方の住民票、印鑑証明書
  • 家族の関係図
  • 不動産の固定資産税課税明細書
  • 預貯金、証券、生命保険など財産一覧表

固定資産税課税明細書は、毎年4月に、固定資産税の納税通知が自治体からされますが、その中に同封されている明細書のことです。

家族の関係図や、財産一覧表は、手書きのメモでかまいません。

土地や建物の名義変更、売買、贈与の相談

次の書類などを、ご準備ください。

  • 不動産の固定資産税課税明細書
  • 認印

固定資産税課税明細書は、毎年4月に、固定資産税の納税通知が自治体からされますが、その中に同封されている明細書のことです。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
名古屋で相続、認知症対策専門の司法書士事務所を経営しています。人生100年時代を豊かに過ごせるように、老いの不安を解消し、想いに寄り添うコンサルティングに強みがあります。 遺言書、民事信託、成年後見制度などを組み合わせた相続、認知症対策のご提案をいたします。 当事務所では、相続登記や預貯金の解約のような死後の事務手続だけではなく、生前の相続、認知症、事業承継への対応に、適切な助言をいたしております。