死後事務委任契約とは,お亡くなりになった後のさまざまな手続を,信頼できる方にお任せできるように,生前にしておく契約のことをいいます。

身寄りのない方や,ご家族との連絡がない方については,あらかじめ準備をしておかないと,亡くなった後の手続ができなくなってしまうことがあります。

入院代を支払ったり,葬式をあげたり,納骨をしたり,身内の方がいないときには,死後の手続をすることができず,困ってしまいます。

成年後見制度を利用するにあたって,特に任意後見契約を結ぶときには,この死後事務委任契約を一緒にしておけば,安心です。

成年後見制度を利用していても,成年後見人の仕事は,その方が生きている間のことに限られており,亡くなった時点で,成年後見人の任務は終了します。

任せられる内容

よくある内容としては,次のとおりです。

この中から,信頼できる方に任せたい内容を選んで,契約をすることができます。

  • 医療費の支払いに関する事務
  • 家賃・地代・管理費等の支払と敷金・保証金等の支払いに関する事務
  • 老人ホーム等の施設利用料の支払と入居一時金等の受領に関する事務
  • 通夜,告別式,火葬,納骨,埋葬に関する事務
  • 菩提寺の選定,墓石建立に関する事務
  • 永代供養に関する事務
  • 相続財産管理人の選任申立手続に関する事務
  • 賃借建物明渡しに関する事務
  • 行政官庁等への諸届け事務
  • 以上の各事務に関する費用の支払い

費用

上記のほか,交通費等の実費をご請求いたします。

お気軽にお問い合わせください。052-990-2753電話受付8時30分から19時まで[ 日・祝日除く]

メールで問い合わせをする