債務整理・自己破産

債務整理

債務整理とは、消費者金融やクレジットカード・信販会社、奨学金の返済等に困窮しているときに、借金の減額、返済方法の変更、免除や支払いの猶予をしてもらい、生活再建をするための手続です。

借金があることを家族や職場に知られないように、秘密厳守で対応しておりますので、借金により生活に支障がある方は、遠慮せずにご相談ください。

  • 3社以上から借り入れをしている
  • 毎月の返済が苦しい
  • クレジットカードを使いすぎてしまった
  • 毎月返済していても、元本が減らない
  • 養育費が約束どおりに支払われず、カードローンに頼っている
  • 給料が少なく、奨学金の返済ができない
  • 家計が自転車操業で、カードに頼っている

ご依頼者様の借金の残高や収入の状況により、任意整理、個人再生、自己破産のうちから最適なご提案をいたします。

よくある質問と回答

債権者からの取り立てを止めてほしい

債務整理の受任をした後、すぐに債権者に対して受任通知をします。

通知を受けた後は,債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は、法律で禁じられており、最短で受任当日に止めさせることができます。

債務整理をするとブラックリストに載りますか

ブラックリストに載ります。

債務整理を開始すると、債権者である金融機関は、ブラックリスト(信用情報機関)に事故情報や延滞情報としてその登録をします。その期間は、約5~10年です。

ブラックリストに載ると、どうなりますか

クレジットカードやローンの審査に落ちます。

携帯電話、スマートフォンの分割払い契約の審査にも影響しますので、新規申込みや機種変更ができなくなることがあります。

保証人がいるのですが、どうすればいいでしょうか

債務整理を開始すると、債権者は、保証人に対して取立てを始めます。

保証人に迷惑がかからないように、前もって説明をしておくことと、場合によっては、保証人も含めて債務整理をすることが考えられます。

債務整理をすると、アパートが借りられなくなると聞きました。

債務整理をしたことだけを理由に、アパートが借りられなくなることはありません。

ただし、アパートのオーナーが家賃の保証会社を利用しているときは、保証会社から断られることがあります。

司法書士が対応できる範囲

債務整理のご依頼について、司法書士が代理人となって債権者と交渉ができるのは、経済的利益が140万円以内のものに限られます。

これを超える金額の借金の整理の相談や、会社経営者・事業者の債務整理等の難易度の高いご依頼につきましては、弁護士をご紹介いたします。

払いすぎた利息を取り戻す

払いすぎた利息を取り戻す、過払い利息の請求を承っております。

過払金を取り戻すには、期間の制限があります。時効になってしまう前、早めにご相談ください。

任意整理 任意整理とは、債権者と個別に交渉し、月々の返済額と支払総額の負担を軽減してもらう手続です。 まずは、債権者に対して過去...
自己破産 自己破産とは、地方裁判所を通じて、債務者が支払不能の状態にあることが宣言され、すべての借金の支払いを免除してもらう手続です。 ...
個人再生 個人再生とは、地方裁判所でする債務整理の方法です。 借金の額に応じて、法律で定められた最低弁済額を36回以内に支払う再生計画を作...