自己破産

自己破産とは、地方裁判所を通じて、債務者が支払不能の状態にあることが宣言され、すべての借金の支払いを免除してもらう手続です。

自己破産の特徴

  • 原則として、すべての債務が免除される
  • 住宅や車は、手放すこととなる
  • 破産手続中は、保険募集人や警備員など、一定の仕事に就職できない
  • 破産手続中は、裁判所の許可なく転居や旅行ができないことがある

自己破産ができる条件

  • 家計を工夫しても、借金の返済が無理であること
  • うそや浪費など、免責不許可事由がないこと
  • 決められた日に裁判所に出頭すること
  • 生活再建を優先し、身の丈に合った生活をすると誓うこと

免責不許可事由

次のような事由があると、自己破産ができません。

  • 裁判所の手続において、嘘をついた場合
  • 浪費やギャンブルによって、借金を増やした場合
  • クレジットカードで新幹線回数券等を買い、即時に換金する方法で借金をした場合
  • 財産を隠したり、価値を減少させるような行為をした場合
  • 支払能力について、債権者をだました場合
  • 過去に自己破産をしてから、7年経過していない場合

よくある質問と回答

債権者からの取り立てを止めてほしい

債務整理の受任をした後、すぐに債権者に対して受任通知をします。

通知を受けた後は,債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は、法律で禁じられており、最短で受任当日に止めさせることができます。

自己破産をするとブラックリストに載りますか

ブラックリストに載ります。

債務整理を開始すると、債権者である金融機関は、ブラックリスト(信用情報機関)に事故情報や延滞情報としてその登録をします。その期間は、約5~10年です。

ブラックリストに載ると、どうなりますか

クレジットカードやローンの審査に落ちます。

また、携帯電話、スマートフォンの分割払い契約の審査にも影響しますので、新規申込みや機種変更ができなくなることがあります。

自己破産には、どのくらいの期間がかかりますか

およそ6か月から1年くらいかかります。

自己破産は、生活再建です。まずは、なぜ返せないくらいの借金をしてしまったのか、過去の事実を正確に聞き取ります。借金の使途も、すべて聞きます。

次に、収入を支出を見直し、二度と借金をしない生活ができるようになってから、破産手続開始の申立てをします。 借金の取立てと返済が止まっている期間に、毎月決めた金額の預貯金をしていただくとともに、手続報酬を積み立てていただきます。

家族には知られたくないのですが

自己破産は、家計の見直し(食費、家賃、交際費、携帯電話料金等)が大前提であるため、家族全員で協力して取り組んでいただきます。

また、同居の家族に対しては、裁判所から収入証明を求められることがあります。

自宅を手放したくないのですが

持ち家の方は、自己破産をすると、自宅を手放すことになります。

どうしても自宅を残したいのであれば、任意整理か個人再生を選択いただくこととなります。

費用について

自己破産の報酬は、前払いとなります。
ただし、分割での支払いにも応じております。この場合、報酬の積立てが完了するまでは、手続を開始しません。