代表挨拶

代表挨拶

司法書士野田啓紀代表司法書士 野田啓紀

当サイトをご覧くださいまして、ありがとうございます。

司法書士は、登記や裁判の手続を通じて、国民の皆様方の権利をまもることを生業としております。

複雑多岐にわたる法令や行政先例に精通し、登記制度や裁判手続の円滑に資することにより、ひとりでも多くの国民の皆様方の権利の実現に寄与することが、私ども司法書士の使命であると考えます。

また、近年のわが国では、少子超高齢社会がますます進展する中、高齢者の権利擁護をはかるための成年後見制度の担い手として活躍の幅を広げているほか、所有者の所在が不明となっている土地や家屋の問題に対しても、司法書士が有する知見をいかして、積極的に取り組んでおります。

高齢社会への対応として、相続・認知症対策に強みを発揮し、遺言書、民事信託、成年後見制度を活用する等、家族や暮らしに身近な悩みごとや心配ごとを解決します。また、会社の管理部門での勤務経験を活かして、中小企業向けに会社法務や株式事務、事業承継に関するサービスを提供いたします。

地元密着で、迅速丁寧な仕事をすることを心がけ、皆様方のお役に立てることができれば幸いに存じます。何卒、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。