相続・遺言

空き家にも、火災保険を

相続した空き家は、放置してはいけません。

まずは、できるだけ早く、相続登記を済ませましょう。そして、引き継いだ空き家を利用するのかしないのか、決断をしてください。

また、空き家を相続しても、放棄しても、管理する義務は引き続きあります。

相続放棄後の建物管理義務 相続放棄をしましたが、被相続人名義の建物がまだ残っています。 建物の管理をする必要があるのでしょうか。また、いつまで管理をすれば...

空き家についても、火災保険に加入しておいてください。

管理が十分にされていない空き家には、放火されることがあるほか、漏電による火災が発生することがあります。

一般に、重大な過失を除く失火による類焼損害は、「失火責任法」により賠償しなくてもよいことになっています。

しかし、損害を受けた隣家の方が火災保険に入っていなかったり、十分な保険金を受け取れなかったりすることもあります。そのような場合でも、類焼損害保険金で差額を補償できるほか、失火見舞費用保険金で隣家に見舞金をお支払いすることができます。

また、台風や大雨により、屋根や外壁に損傷があったり、雨漏りがあったりしたとき、火災保険を利用して、修繕費を捻出することができる場合があります。

家屋は、誰も住まなくなりますと、あっという間に老朽化してしまい、カビやシロアリにより汚損されてしまえば、価値が下落します。売れるものも、売れなくなってしまいます。

相続人
相続人
住む予定もないけれど、どうせ売れないでしょう。お金をかけてまで処分するなんて、ありえない。とりあえず放置しておきましょう。

空き家を好条件で手放すには、相続開始から、18か月が勝負といわれています。当事務所では、空き家の利用、売却のみならず、有効活用するためのコンサルティングも行っておりますので、ご相談ください。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
名古屋で相続、認知症対策専門の司法書士事務所を経営しています。人生100年時代を豊かに過ごせるように、老いの不安を解消し、想いに寄り添うコンサルティングに強みがあります。 遺言書、民事信託、成年後見制度などを組み合わせた相続、認知症対策のご提案をいたします。 当事務所では、相続登記や預貯金の解約のような死後の事務手続だけではなく、生前の相続、認知症、事業承継への対応に、適切な助言をいたしております。