相続・遺言

おふたりさまの相続

子のいない夫婦、いわゆるおふたりさまの相続のご依頼です。

夫が亡くなったので、相続の手続をされたいとのことです。

依頼に来られた方は、相続人が自分ひとりしかいないと思い込んで、私の事務所を訪れました。

子のいない方が亡くなった場合、その相続人は、配偶者だけではありません。

まずは、亡くなった方の父母、祖父母などの上の世代を調べます。

上の世代がすべて死亡しているときは、横の世代である兄弟姉妹に範囲が拡がっていきます。そして、兄弟姉妹も亡くなっているときは、甥・姪が相続人となります。

今回のご依頼では、結果として、相続人が奥様のほかに、兄弟姉妹と甥・姪となり、合計で15名にもなりました。

全国に点在する相続人の調査をするのに2か月以上かかりました。

それからがもっとたいへんです。

ご依頼者である奥様から、夫の兄弟姉妹や甥・姪に連絡を取ろうとしても、夫の生前からほとんど面識はありません。

中には、葬儀に来られた方もありましたが、全員と日常的に交流をしているわけではありません。

相続人全員に、今回の相続の件の説明と、ご協力に応じていただけるように、手紙でご案内をしました。

しかし、反応があったのは半分ほどです。何度も手紙を送って、ようやくお返事がある方もあります。

中には、振り込め詐欺と勘違いされて、手紙をロクに読まずに捨ててしまう方や、電話でクレームを入れてこられる方もありました。

縁遠い親戚の相続の手続に、ほとんど知らない相手から、突然に協力してほしいと頼まれて、迷惑に感じる方も少なくありません。かかわりたくないとはっきり言われる方もありました。

では、どのようにすればよかったのでしょう。

夫が生前に遺言書を準備されていれば、このようなことになりませんでした。

遺言書がなかったことで、相続の手続が複雑になるほか、親戚一同に迷惑をかけることになってしまいました。

財産の多い少ないにとらわれることではなく、子どものいないご夫婦にとって、遺言書は必須です。

今回の事例では、たまたま兄弟姉妹や甥・姪と連絡がついたため、時間はかかったけれども、手続が完了しました。

しかし、相続人の中に、認知症で判断ができない方や、行方知れずで音信不通の方が含まれていた場合、相続の手続が止まったり、とても時間がかかってしまったりすることになります。

相続によって、凍結されてしまった夫の預金口座からは、現金を引き出すこともできず、これからの生活はどうなってしまうのでしょう。

大切なことなので、繰り返します。

おふたりさまは、遺言書を必ず準備しておいてください。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
名古屋で相続、認知症対策専門の司法書士事務所を経営しています。人生100年時代を豊かに過ごせるように、老いの不安を解消し、想いに寄り添うコンサルティングに強みがあります。 遺言書、民事信託、成年後見制度などを組み合わせた相続、認知症対策のご提案をいたします。 当事務所では、相続登記や預貯金の解約のような死後の事務手続だけではなく、生前の相続、認知症、事業承継への対応に、適切な助言をいたしております。