相続・遺言

わけやすい財産、わけにくい財産

相続の話をしますと、うちには関係ない、まだ早いとの反応を示される方が多くあります。

その理由は、うちには財産はないから。というものがほとんどです。

果たして、その考え方は、正しいのでしょうか。

相続の手続は、5億円を残そうが、1円だけを残そうが、実はやることは変わらず、同じだけの手間がかかります。受ける側からすれば、できるだけ受け取りやすく、準備をしていただきたいと思うものです。

財産を、わけやすい財産と、わけにくい財産という視点で区別して、整理してはいかがでしょうか。

わけやすい財産

預貯金、現金はわけやすい財産です。

株式や債券などの有価証券も、比較的、換価しやすく、わけやすいと考えます。

わけやすい財産は、後回しにしても、なんとかなることがほとんどです。

ただし、どこの金融機関に口座をもっているかは、家族にはわかりませんから、どこかにわかるようにメモをしておいてほしいものです。

わけにくい財産

不動産、車、自社株、家財道具、お墓は、わけにくい財産です。

亡くなってから、誰が引き継ぐのかを話し合って決めるのは、酷なことです。前もって、整理していただかないと困ります。

わけにくい財産は、できる限り、わけやすい形に変えておくことです。

持ち家の方は、自宅を誰が引き継ぐのかを生前に話し合っておきましょう。

また、山林や別荘地を所有している方は、家族と話し合って、必要がなければ、生前に売却を進めていただきたいものです。

家財道具や衣服なども、頃合いを見て、生前整理をなさってください。

亡くなった後に、家族が片付けるのは、精神的にも、肉体的にも、金銭的にも、大きな負担となります。

相続する方からすれば、たまったものではありません。ただ、困るだけです。

車も同じことです。

最近では、高齢ドライバーの交通事故も増加するほか、認知症の方が車を運転するような危険なこともあります。

免許証を返納して、売却処分を進めましょう。

会社を経営されている方は、元気なうちに、自社株を次世代に引き継ぐ準備をしなければなりません。事業承継をするには、時間も費用もかかります。

次の社長に引き継ぐのか、自分の代で廃業するのか、経営者の最後の務めととして、向き合ってください。

後回しにしないこと

わたしの死んだ後のことは、知らないよ。適当にやっておいてよ。

これは、古いですね。

自分が亡くなる前に、始末をつけておく時代です。誰もが、終活をすることが当たり前になります。

うちには関係ないと、見て見ぬ振りをすることが、のちに家族の間でもめごとの原因となります。

せめて、わけにくい財産だけでも、整理をしてもらうことで、家族の負担は軽くなります。

まずは、ご自分の財産を眺めていただき、わけやすいものとわけにくいものに、区別をなさってはいかがでしょうか。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
名古屋で相続、認知症対策専門の司法書士事務所を経営しています。人生100年時代を豊かに過ごせるように、老いの不安を解消し、想いに寄り添うコンサルティングに強みがあります。 遺言書、民事信託、成年後見制度などを組み合わせた相続、認知症対策のご提案をいたします。 当事務所では、相続登記や預貯金の解約のような死後の事務手続だけではなく、生前の相続、認知症、事業承継への対応に、適切な助言をいたしております。