死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、お亡くなりになった後のさまざまな手続を、信頼できる方にお任せできるように、生前にしておく契約のことをいいます。

身寄りのない方、ご家族との連絡がない方、家族が遠方にお住まいの方については、あらかじめ準備をしておけば、亡くなった後の手続が円滑に進めることができます。

未払いの入院代を支払ったり、葬式をあげたり、納骨をしたり、すぐに動ける身内の方が近くにいないときには、死後の手続をすることができず、困ってしまいます。

成年後見制度との併用

成年後見制度を利用するにあたって、特に任意後見契約を結ぶときには、この死後事務委任契約を一緒にしておけば、安心です。

成年後見人のする事務は、本人が生きている間のことに限られており、亡くなった時点で終了するためです。

任せられる内容

よくある内容としては、次のとおりです。

この中から、信頼できる身内の方やご友人、司法書士等に任せたい内容を選んで、契約をすることができます。

  • 医療費の支払いに関する事務
  • 家賃・地代・管理費等の支払と敷金・保証金等の支払いに関する事務
  • 老人ホーム等の施設利用料の支払と入居一時金等の受領に関する事務
  • 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する事務
  • 菩提寺の選定、墓石建立、永代供養に関する事務
  • 永代供養に関する事務
  • 相続財産管理人の選任申立手続に関する事務
  • 賃借建物明渡しに関する事務
  • 行政官庁等への諸届け事務
  • 以上の各事務に関する費用の支払い

費用

報酬手数料
死後事務委任契約50,000円11,000円
契約書謄本4,000円

死後事務委任契約は、公正証書ですることを推奨します。

上記のほか、交通費等の実費をご請求いたします。

死後あんしんまるごとパック

当事務所では、故人が遺された実家の処分や家財道具のかたづけ、仏壇やお墓、葬儀や永代供養に至るまで、まるごとおまかせいただくことができます。

財産の種類や内容により、あらかじめ見積もりをした金額を、本人の生前に預託いただきます。死後事務委任契約と組み合わせることで、ご家族の負担を最小限に、お亡くなりになった後のことを円滑に進めることができます。