雑感

名古屋市港区で司法書士事務所を開業します

平成30年10月1日付で、名古屋市港区にて司法書士事務所を開業します。

名古屋市港区で司法書士事務所が新規開業するのは、調べてみたところ平成24年3月以来の6年半ぶりのようです。

司法書士の人数は、港区は約10名で、自分が勤務していた東区に比べて8分の1ほどしかいません。

名古屋市内でもこれほどに過疎化しているのには、なにか理由があるのでしょうか。貴重な若手戦力として歓迎されるとまでは思っておりませんが、競合他社が少ないものと前向きに捉えて、地道に営業活動をしようと思います。

当事務所では、土地や建物の名義変更だけではなく、相続・遺言、任意後見や民事信託などの認知症対策、生前贈与、成年後見などを中心としてご家族に身近な悩みごとを親身になって解決してまいります。

また、会社勤務の経験をいかして、会社法務や事業承継といった会社の困りごとについても、力を入れて取り組んでおります。さらに、裁判手続にも対応しておりますので、契約のトラブルや、借金・自己破産、債権回収や土地や建物の明渡しなど、お気軽にご相談いただければと思います。

迅速丁寧な対応を心がけてまいりますので、末永くご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
遺言書、家族信託、成年後見制度などを活用した相続対策、認知症対策を専門とする司法書士です。相続登記や遺産承継業務のような死亡後の相続の事務手続だけではなく、生前での相続や事業承継への対応に、適切な助言をいたします。