雑感

開業して2か月が経ちました

司法書士事務所を開業してから2か月が経ちました。

開業当時からこつこつとしてきた営業活動が、少しずつ売上となってきました。月初には黒字の見込みでしたが、来月に持ち越しとなった案件が複数あり、若干の赤字でした。12月は、十分に満足できる売上が立つ見込みであります。

地元の不動産業者の方と長くお付き合いをさせていただけることになったほか、旧知の方から久しぶりの電話でお仕事を紹介していただきました。ホームページからの受注もあります。

11月は、お金にならないけれど、思いのほか忙しくしており、営業活動があまりできておりませんでしたので、12月は、年末のご挨拶も兼ねて、手広く回ろうと考えております。どこか場所の良いところへ事務所を借りることも検討しておりますが、なかなか見つかりません。

開業すれば、それなりに時間が取れるのかと思いきや、そうでもありませんでした。積んである本もそろそろ読みませんと、消化不良を起こしつつありますので。読みたい書籍が次々と出版されますので、つい買ってしまうものです。

しばらくはストレスフリーな生活で、体調も良好であります。

通勤電車に乗らなくてよい、雨の日に外出しなくてもよい、営業先で旨いものをゆっくり食べられる、気分で半休できる。自営業って、素晴らしいですね。

ABOUT ME
司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
遺言書、家族信託、成年後見制度などを活用した相続対策、認知症対策を専門とする司法書士です。相続登記や遺産承継業務のような死亡後の相続の事務手続だけではなく、生前での相続や事業承継への対応に、適切な助言をいたします。